取扱業務

相続・遺言
相続の流れ 遺言書の作成
遺産分割協議 相続放棄
解決事例  
相続放棄・限定承認
 
 相続はプラスの財産だけでなく、マイナスの財産である負債も相続することになりますので、被相続人にさしたる財産が無いが多額の借金がある場合、そもそも相続しない、相続放棄という選択をすることになります。
 
 財産はあるのだが借金もあるようで、差引プラスなのかマイナスなのかわからない場合には、限定承認といって、相続財産の限度でのみ借金などのマイナスの相続をするという手続をとることもあります。
 
 いずれの手続も、相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内にしなければなりませんので、被相続人に借金がある場合には、注意が必要です。
 ただ、サラ金などの高利貸しからの借金があるからといって、マイナスだと断じてしまうのは早計です。
 長期間の取引を継続している場合には、多額の過払い金が発生しているケースがあるからです。
 
 相続人のご依頼がありましたら、お亡くなりになられた方の取引履歴を取り寄せ、過払い金が発生している場合には、その回収をすることも可能です。
 まずはお気軽にご相談下さい。