取扱業務

離婚
離婚にまつわるお金 離婚における子供の問題
熟年離婚 内縁関係(事実婚)
内縁関係(事実婚)
 
 内縁関係とは、法的な婚姻関係を結んでいないが事実上の婚姻関係にある関係のことで、簡略化すると、「内縁関係(事実婚)」=「婚姻関係」−「婚姻届出」となります。
 単に同棲しているだけでは内縁関係にあるとは認められず、内縁関係と認められるためには、@婚姻の意思を持っていること、A婚姻状態にあると認められる社会的事実があることが必要となります。
 
 内縁関係の場合であっても、婚姻に準じるものとして、一定の範囲で婚姻関係にある場合と同様の請求をすることができます。
 相手方に浮気をされた、暴力を振るわれたなどの場合には慰謝料を請求することができますし、浮気が原因で内縁関係が破綻したと認められれば、浮気相手に対しても慰謝料を請求することができます。
 
 また、内縁関係を解消する際に、共有の財産がある場合には、財産分与を請求することもできます。
 養育費の請求も可能ですが、認知をしていない場合には、婚姻関係がある場合と異なり父子関係の立証に困難が伴いますので、子供が生まれた際にはあらかじめ認知を求めておくとよいでしょう。