取扱業務

男女間、家族内・親族間トラブル
男女間トラブル 〜別れ話のもつれによるトラブル事例
家族内・親族間トラブル
男女間トラブル、家族内・親族間トラブルの対処法
解決事例
男女間トラブル〜別れ話のもつれによるトラブル事例
 
 交際相手との男女交際の解消にあたり、深刻なトラブルが生じてご相談に来られる事件は少なくありません。
 こういったトラブル事例は、大きくは、以下のように類型化できるでしょう。

■ ストーカー・暴力型
 相手が別離を受け入れられず、交際の継続、よりを戻すことの要求や、謝罪の強要、 逆恨みによる復讐心によるつきまとい、大量のメールの送信、常軌を逸した頻繁な電話、嫌がらせや脅迫的言動をしたりするケースです。

 また、別れ話を持ち出すとパートナーから暴力を振るわれるため、恐怖心からなかなか別れられないとか、実際に殴られて怪我をさせられたという事案もあります。

■ 金銭トラブル型
 別れること自体は了解しているものの、相手方が、交際のために支出した費用の返還や、 同居時期に負担していた生活費の精算、精神的苦痛に対する慰謝料などの名目で金銭要求をしてくるケースです。
 このような事案の多くは、金銭支払請求についての法的根拠が乏しいため、支払を断固拒否するべきです。

 一方で、交際中に、交際相手から多額の金銭を、借用書をきちんと差し入れるなどして、 借用ではないと言い逃れできないような形で借り入れた人が、別れるにあたっても返済できずにトラブルとなるケースも多く見受けられます。

■ 婚約破棄型
 交際中に、結婚の約束をしたはずなのに、それが反故にされたということで揉めるケースです。
 法律的には、婚約は、当事者間で結婚について真摯な合意をすれば成立すると解されますが、 実務的には、本人同士で単に「結婚しようね」と話し合っていたというだけでは足りず、 結納や結婚式の予約、そこまでいかずとも両家で正式に結婚についての挨拶をしたなどの一定の社会的行為が伴わなければ、 正式な「婚約」として法的保護の対象として認められる(具体的には、婚約の破棄に関しての損害賠償請求が認められる)には至らないという傾向にあります。

 また、婚約破棄系の類似パターンとして、「相手が『自分は独身だ』と言うので、それを信じて、長期間交際してきたのに、 実は配偶者がいた(既婚者だった)」という事案もあります。
 この場合、出会い系サイトで出会ったケースと、いわゆる「合コン」で出会ったケース、それなりにフォーマルなお見合いパーティーで出会ったケースなどで、評価が相当変わります。

■ 妊娠、中絶型
 交際中に、双方が想定していない妊娠をしてしまったことを契機に、子どもを産む産まない、交際の解消や結婚をするかどうか、 慰謝料や養育費等の金銭の支払等々で、紛争化するケースです。
 紛争の内容や解決までの道のりはケースバイケースですが、いずれにしましても、そのような想定外の妊娠となった場合、 男性側は、女性側との間で、真摯な話し合い、中絶手術をする場合は、その費用その他医療費についての相当程度の支払、 その他精神的苦痛や経済的負担の不利益を軽減するような措置の実行を、出産する場合には、認知や養育費の支払についての責任ある対応等を十分になすべきでしょう。

  

交際相手に貸したお金を回収できるか


 実務上、非常に多いのは、「交際していて結婚も考えていた男性に求められて、 多額の金銭を渡したり貸したりしたが、交際を解消した後も、そのお金を返してもらえない」というご相談です。
 中には、数百万円を超えるような金額を渡してしまっているケースもあります。

 このような事案では、貸金の返還請求権があるといえるためには、まず、@金銭の交付と、A返金の約束の「両方」を裏付ける客観的資料が必要となります。
 金銭の交付があっても、単なる贈与である可能性もありますので、@のみでは不十分なわけです。
 Aの返金約束については、口約束のみでは証拠として弱いため、書面やメール等の客観的資料が必要です。

 しかし、これらの客観的資料があり、法的に返還請求権があるといえても、相手方に支払能力がなければ、貸したお金を回収することはできません。
 ほとんどの具体的ケースでは、交際相手の女性から、多額の金銭を借りたり出してもらうような男性は、資産や収入がないだけではなく、 完全な詐欺犯であったり、金銭的に非常にだらしなかったり、多重債務状態であったりしますので、女性が貸したお金の回収に成功することは極めて稀であるといわざるをえません。
 私たち弁護士では、お力になれず、とても心苦しいケースが多いのです。

 女性側の苦しみは、貸した多額のお金を回収できないという経済的ダメージを負うだけではありません。
 長い交際期間の分、貴重な時間が失われたという喪失感や、相手がこちらの痛みを理解しないという心理的な苦しみが被害として続くのです。

 現在、少しでも思いあたることがあるようでしたら、いち早くその男性との交際を解消し、最悪の状況から脱出してください。