取扱業務

男女間、家族内・親族間トラブル
男女間トラブル 〜別れ話のもつれによるトラブル事例
家族内・親族間トラブル
男女間トラブル、家族内・親族間トラブルの対処法
解決事例
解決事例
 
  • 夫と不倫関係にある、夫の勤務先の部下の独身女性に対し、妻が、夫との交際解消及び不貞行為による慰謝料請求を求めた事案において、相手方女性に、夫との交際解消と業務上必要な場合を除いて一切の接触をしない旨の確約をさせた上で、慰謝料として約100万円の支払を受けた事例。
  • かつての交際相手からの執拗なストーカー行為(繰り返しのメール・電話、つきまとい、交際再開要求、物の送付による嫌がらせ等)を受けていた事案において、相手方加害者に対して、迅速かつ毅然たる警告・交渉を行い、ストーカー行為を速やかに止めさせることに成功した事例。
  • 通学途中の電車内で痴漢の被害を受けた女子学生が、通学のために電車を利用することがしばらくの間、困難となるほどの精神的苦痛を受けたため、痴漢を行った加害者男性に対して慰謝料を請求し、請求から1週間ほどで200万円の慰謝料の支払を受けることにより、早期解決した事例。
  • 成人している子が、支配的な親から、同居の強要、異性との交際関係への介入、正当な根拠なき金銭請求、繰り返しのメール・電話、つきまとい、職場への押しかけ等の被害を受けていた事例において、加害者である親に対して、不当行為の停止を求めて通知・交渉を行うとともに、警察への被害申告にも同行し、警察の介入も得て、解決した事例。
  • 妻子がいるにもかかわらず独身であると偽り、結婚をほのめかして独身女性と交際していた男性に対して、女性の依頼を受け、既婚男性に対して損害賠償請求を行う旨の通知をして示談交渉を行い、100万円の解決金を得た事例。
  • 交際男性の希望で妊娠中絶を余儀なくされたにもかかわらず、当該男性が手術費用を支払うこともなく連絡を絶っていた事案において、女性の依頼を受け、男性に対して損害賠償請求を行い、交渉により約80万円の解決金の支払を受ける示談が成立した事例。