取扱業務

借金問題・過払金請求
自己破産 任意整理と過払金請求
個人再生における支払具体例 信用情報(いわゆるブラックリスト)について
個人再生における支払具体例
 
 まず、個人再生手続の要件として、住宅ローンや担保で回収できる金額を除いた再生債権の総額が元利合計5000万円まででなければなりません(利息制限法による再計算後の金額になりますので、現在請求されている金額の総額とは異なります)。
 支払金額は以下の基準により定められ、原則3年間の分割で支払っていきます。ただし保有資産の総額を超える金額を下回ることはできません。
100万円を超え500万円以下 100万円
500万円を超え1500万円以下 再生債権総額の5分の1
1500万円を超え3000万円以下 300万円
3000万円を超え5000万円以下 再生債権総額の10分の1



  以下、具体例をあげてご説明いたします。
 

  再生債権総額が300万円で資産が100万円以内のケース
   100万円を超え500万円以下にあたるので、100万円となり、さらに資産がこの100万円を超えないので、支払金額は100万円となります。
 これを3年で分割払いするので、月額約2万8000円を支払うことになります。
 
  再生債権総額が500万円で資産が100万円以内のケース
   100万円を超え500万円以下にあたるので、500万円の5分の1の金額である100万円となり、さらに資産がこの100万円を超えないので、支払金額は100万円となります。
 これを3年で分割払いするので、月額約2万8000円を支払うことになります。
 
  再生債権総額が500万円で資産が150万円のケース
   100万円を超え500万円以下にあたるので、100万円となりますが、資産がこの100万円を超えるため、保有資産の総額である150万円が支払金額となります。
 これを3年で分割払いするので、月額約4万2000円を支払うことになります。
 
  再生債権総額が1000万円で資産が200万円以内のケース
   500万円を超え1500万円以下にあたるので、1000万円の5分の1である200万円となり、さらに資産がこの200万円を超えないので、支払金額は200万円となります。
 これを3年で分割払いをするので、月額約5万6000円を支払うことになります。
 
  再生債権総額が2000万円で資産が300万円以内のケース
   1500万円を超え3000万円以下にあたるので、300万円となり、さらに資産がこの300万円を超えないので、支払金額は300万円となります。
 これを3年で分割払いするので、月額約8万4000円を支払うことになります。
 
  再生債権総額が5000万円で資産が600万円のケース
   3000万円を超え5000万円以下にあたるので、5000万円の10分の1で500万円となりますが、資産がこの500万円を超えるため、保有資産の総額である600万円が支払金額となります。
 これを3年で分割払いするので、月額約16万7000円を支払うことになります。
 


 ただし、いずれのケースも、住宅ローンの支払を継続して持ち家を残す手続の場合、月額支払金に毎月の住宅ローンの返済額をプラスした金額を支払っていくことになります。
 例えば、個人再生手続により、住宅ローンを除く負債の支払金額が月5万円になったとしても、住宅ローンの支払月額が10万円であれば、合計毎月15万円の支払をしていかねばなりません。