取扱業務

借金問題・過払金請求
自己破産 任意整理と過払金請求
個人再生における支払具体例 信用情報(いわゆるブラックリスト)について
信用情報(いわゆるブラックリスト)について
 
 信用情報とは、支払能力に関する情報のことで、信用情報機関に登録・蓄積されています。金融機関や貸金業者などは借入の申込があると、信用情報機関に信用情報を照会し、貸付を承認する上での大きな判断材料とします。
 自己破産に限らず弁護士に借金の整理を依頼すると、信用情報について事故情報の登録がなされます。この信用情報に事故情報が登録されている状態が「ブラック」とか「ブラックリストに載っている」と言われるものです。
 
 事故情報の登録期間は、各信用情報機関ごとに若干異なるのですが、概ね5年間(但し信用情報機関によっては最長10年間登録される場合もあります)で、この間はいわゆるブラックの状態が続いてしまいます。
 その結果、この間、新たにクレジットカードを作ることができなかったり、クレジットカードの更新を断られたり、ローンを組むことができなくなります。
 さらに近時、携帯電話機を購入する際、分割払いで購入する方式が採用された関係で、携帯電話会社も信用情報を照会するようになったため、携帯電話機を機種変更するなど新たに購入する際に、分割での購入ができなくなり、一括で購入せざるをえなくなるというデメリットもあります。
 
 ただし、弁護士に整理を依頼した借金が全て過払いであった場合には、信用情報がブラックとなることはありません。
 なぜなら、過払いとは全ての返済を終えて、なおかつ余分に支払をしている状態であるため、返済が滞ったわけではないからです。

 このように、信用情報の問題は、弁護士に借金の整理を依頼する際の大きなデメリットといえるかもしれません。
 ただ、だからといって、無理な返済を続けられることはお勧めできるものではありません。守るべきものは何なのか、よくご検討いただければと思います。