取扱業務

労働問題
不当解雇 セクシャルハラスメント(セクハラ)
パワーハラスメント(パワハラ) 退職させてもらえない〜在職強要
 解決事例  
パワーハラスメント(パワハラ)
 
 パワハラとは、簡単に言えば、上司などによる権力や地位を背景とする、いじめ・嫌がらせのことで、昨今、トラブルが多発しています。
 酷いケースでは、精神的に病んでしまい、退職を余儀なくされる、さらには自殺するという事態にまで至ってしまいます。
 雇用を確保すること自体が困難な現在にあっては、早々に転職するという選択肢がとりづらいことが、事態をより深刻化させているのかもしれません。

 明らかないじめ行為の外、上司による度を超した叱責、あるいは無視、意図的に過大な仕事を押しつける、など、通常の指導・指示を装った悪質なケースまで、その形態は様々です。
  
 人格を無視した悪質な加害者や会社に対して、泣き寝入りすることはありません。
 自らの行為に対する責任をきっちりととってもらい、再スタートをきりましょう。