取扱業務

交通事故
もし交通事故に遭ったら
自動車保険の弁護士費用特約の有無を確認しましょう
 被害補償の手続
 治療費や休業損害の打ち切りにあったら
 後遺症について−後遺障害の等級認定を見直してもらうには
 よくあるご質問(交通事故Q&A)
もし交通事故に遭ったら
 
 もし交通事故に遭ってしまったら、どうすればよいのでしょうか。
 警察に通報するなどすべきことがいくつかありますが、この点については、国土交通省の自賠責保険(共済)ポータルサイト「交通事故にあったらまずどうする」に詳しく記載されていますので、こちらを参照されるとよいでしょう。→国土交通省自賠責保険(共済)ポータルサイトへ

 上記リンク記載事項以外に加えてなすべきこととしては、自賠責保険の外に、任意に加入されている自動車保険会社へ連絡し、事故の報告をするとともに、対応について指示を仰ぐことが挙げられます。

 他方、交通事故時の対応として、やってはいけないことは、「損害は賠償するから警察への通報をしないで欲しい」「違反点数が累積していて、免停・免取になってしまう」などと言われて、相手方に上手く 言いくるめられてしまったり、変に同情してしまい、

 警察に通報しない
 相手方の身分証明を確認しない

 ことであり、上記の内、とりわけ警察への通報をしなかった場合、確認した相手方の氏名や連絡先などが虚偽であり、連絡がとれないであるとか、連絡がとれたとしても、とぼけられてしまうなどすると、手の打ちようがない事態に陥ってしまうことになりかねませんので、くれぐれもご注意ください。

 また、事故当時に自覚症状がないために、自分の身体を過信してしまい、

 病院へ行かない

 ことも適切な対応ではありません。
 場合によっては、命にかかわるような脳や内臓の損傷などであっても、自覚症状がすぐに現れないこともありますので、過信は禁物です。
 また、事故後日数が経過した後に病院で診断を受け、後遺症があることが判明した場合、相手方から、その症状は交通事故が原因ではないと主張され、争いになるおそれがあります。

 交通事故に遭ったら、速やかに医師の診断を受け、領収書類はタクシー代など病院への交通費の領収書も含めて大切に保管しましょう(電車やバスなどの公共交通機関を利用した場合は領収書がなくとも正当な交通費として認められます)。