取扱業務

交通事故
もし交通事故に遭ったら
自動車保険の弁護士費用特約の有無を確認しましょう
 被害補償の手続
 治療費や休業損害の打ち切りにあったら
 後遺症について−後遺障害の等級認定を見直してもらうには
 よくあるご質問(交通事故Q&A)
後遺症について−後遺障害の等級認定を見直してもらうには
 
 症状固定に達した後、なお後遺障害が残っている場合、相手方任意保険会社または被害者自身が、後遺障害等級の認定申請を行い、審査の結果認定された等級に基づいて補償を受けるわけですが、この等級が何級になるのかによって、補償金額が大きく異なってきます。
 しかしながら、必ずしも被害者の方にとって、妥当な、納得できる等級が認定されるわけではありません。
 場合によっては、非該当といって、そもそも後遺障害にあたらないと判定されてしまうことさえあります。

 このように認定された等級、あるいは非該当と認定された結果について、不服がある場合、異議申立という手続によって、認定のやり直しを求めていくことになります。
 異議申立は、審査結果を見直すに足りる新たな書面を提出しなければ、結果が変わることはありませんが、専門家である私たち弁護士が症状についての説明を補ったり、わずかな診断書の記載漏れを医師にあらためてもらうことによって、等級や非該当の結果が見直されるケースもあります。

 また、他覚所見のない(本人の自覚症状しかない)むち打ちのケースであっても、後遺障害と認定されることもあります。

 正しい認定がされているかどうか、少しでも疑問に思われるようでしたら、一度ご相談ください。