取扱業務

交通事故
もし交通事故に遭ったら
自動車保険の弁護士費用特約の有無を確認しましょう
 被害補償の手続
 治療費や休業損害の打ち切りにあったら
 後遺症について−後遺障害の等級認定を見直してもらうには
 よくあるご質問(交通事故Q&A)
自動車保険の弁護士費用特約の有無を確認しましょう
 
   

弁護士費用特約とは

 弁護士費用特約(「弁護士費用等担保特約」「弁護士費用等補償特約」など保険会社によって名称は異なります)とは、保険に付加することができる特約で、偶発的な事故による被害について弁護士に相談した場合や、加害者側への損害賠償請求を依頼した場合の弁護士費用等を保険会社が支払ってくれるというものです。
 交通事故被害に対する補償の一環として、主要な自動車保険の大半で取り扱われているほか、一部傷害保険、火災総合保険、総合損害保険などにおいても取り扱いがあります。

 

 1年間の特約保険料は、概ね1500円〜2000円程度と比較的安価ですが、1回の事故について被保険者1名あたりの弁護士費用は300万円まで、法律相談費用も10万円まで補償してもらえるのが一般的で、被害者に一定の過失があっても、相手方に損害賠償請求をする場合であれば使用することができます。

 

 また、以下のように記名被保険者(保険証券の被保険者欄に記載されている人)以外の人の分の弁護士費用等についても支払ってもらうことができるのが大きな特徴となっていますので、契約の範囲外だと自己判断する前に、保険会社もしくは私たち弁護士にご相談ください。
 

このページのトップへページのトップへ

弁護士費用特約で補償されうる人 

 弁護士費用特約において補償の対象となる被保険者は、概ね以下のとおりですが、その範囲は、保険会社により異なります。
 実際に被保険者となりうるかは、当該自動車保険の約款などにより、ご確認ください。


@
A
B
C
D
E
 
F
G
記名被保険者
記名被保険者の配偶者
記名被保険者またはその配偶者の「同居の」親族
記名被保険者またはその配偶者の別居の「未婚の」子
@〜C以外の者で、「被保険自動車の」同乗者
@〜C以外の者で、「@〜Cに該当する者が運転者として運転中の」被保険自動車以外の自動車の同乗者
@〜E以外の者で、「被保険自動車」の所有者
@〜F以外の者で、「@〜Cに該当する者が運転者として運転中の」被保険自動車以外の自動車の所有者

 
@〜Dについては、ほぼ全ての保険会社で被保険者となっており、Fについても多くの保険会社では被保険者としていますが、E、Gまで被保険者としている保険会社は少ないようです。

このページのトップへページのトップへ

弁護士費用特約の確認の手順 

 交通事故被害に遭われた場合、以下の保険について、弁護士費用特約の有無を確認してみてください。
 保険証券や約款などの記載から判然としない場合は、当該保険会社へ電話して確認するとよいでしょう。

@
A
B
C


D
被害者自身が加入している自動車保険
被害者の配偶者や同居の親族が加入している自動車保険
被害者が未婚の場合、その親が加入している自動車保険
被害者が自動車に搭乗中に被害に遭った場合、その自動車を被保険自動車とする自動車保険・その自動車の運転者やその配偶者、同居の親族(運転者が未婚の場合、その別居の親も含む)が加入している自動車保険
@〜Cに該当する者が加入している傷害保険、火災総合保険、総合損害保険等

 弁護士費用特約が利用可能である場合、自ら弁護士を探して、弁護士費用特約を利用して依頼するほか、当該保険が日本弁護士連合会と協定を締結している保険会社のものであれば、保険会社から弁護士会へ弁護士紹介の依頼をしてもらうこともできます。
 
  弊所では、交通事故被害に関するご相談は、初回相談料1時間無料で対応しておりますので、ご不明なようでしたら、ご活用ください。
  弁護士費用特約の利用が可能か、弁護士が診断いたします。