取扱業務

不動産や住宅に関する相談

 不動産や住宅は、食料品や日用品のように頻繁に取引するようなものではありませんので、専門用語や相場について問題なく理解しているという方は少ないでしょう。
 にもかかわらず、不動産・住宅に関するトラブルについては、その争いの基礎となる金額が大きいため、誤った解決をしてしまうと、取り返しがつかない事態に陥ってしまう危険をはらんでいます。

 不動産や住宅に関するトラブルに巻き込まれてしまった場合には、専門家である弁護士にご相談いただくことを強くお勧めいたします。

 また、家主様・収益不動産のオーナー様におかれましては、とりわけ管理会社を入れておられない場合、滞納賃料(家賃・地代)の回収や明渡について、相手方に開き直られてしまうと、ご自身で対応することは困難です。
 このような悪質なケースでは、粛々と法的な手続をとっていく外ありません。

 当事務所では、個人の方の顧問契約も承っておりますので、あわせてご利用頂きましたら、管理業務全般を任せる必要がないような場合、管理会社とご契約されるよりもコストの削減が可能となります。

 賃貸借契約書など各種契約書の作成も承っておりますので、お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

ご相談内容の一例

      
  • 不動産を購入し代金も支払ったのに、売り主が所有権移転登記の手続に応じてくれない。
  •   
  • 住宅ローンが支払えなくなってしまったので、住宅の売却を検討しているのだが、どうしたらよいのか。
  •   
  • 不動産を担保にお金を貸したのだが、いっこうに返してもらえないので、競売にかけて回収したい。
  •   
  • 不動産を担保に借りた借金を全額返済したのに、担保を抹消してくれない。
  •   
  • マンションの管理組合の理事長になったが、区分所有者(入居者)との間でトラブル(あるいは入居者間のトラブル)が起きている。
  •   
  • 家賃を何ヶ月も支払ってもらえないので、契約を解除して明渡を求めたい。
  •   
  • 家賃の支払いを1回遅れただけで、契約を解除され、退居を迫られている。
  •   
  • 賃貸マンションを退居する旨連絡したところ、色々な名目の費用を保証金・敷金から差し引かれたあげく、追加で請求されている。支払わなければならないのか。
  •   
  • 親族と共有で土地建物を所有しているが、親族がその物件を利用していて、自分には何のメリットもないので、何らかの形で物件を分割したい。
  •   
  • 相続した不動産が、周りを他人の土地に囲まれていて道路に出ることができないのだが、どうしようもないのか。
  •   
  • 隣の家と土地の境界で揉めている。
  •   
  • 自宅の建築を建設業者に頼んだのだが、業者が契約どおりの仕事をしてくれないので、契約を解除したい。
  •   
  • 建物の建築を請け負い、契約どおりの建物を完成して引渡まで完了したのに、施主が請負代金を支払ってくれない。

解決事例

  • 土地が接道要件を満たさないこと等を理由に土地売買代金の支払をしない不動産業者に対し、土地の売主を代理して、売買代金請求をなし、未払残代金の約9割の支払を得た事例。
  • 不動産の交換をした際に、相手方から取得した物件に抵当権が付いたままであったために、その後、当該抵当権が実行されてしまい、不動産の所有権を失う事態に追いこまれた事案において、交換契約に基づく所有権移転登記手続を代理した司法書士に対し、損害賠償を請求し、不動産の買い戻し費用に相当する賠償金を得た事例。
  • 親族との間での土地の共有状態を解消するために共有物分割訴訟を提起し、土地を現物分割(分筆)する内容の判決を得た事例。