取扱業務

債権回収
債権回収のために準備すること 債権回収の具体的な方法
よくあるご質問(債権回収Q&A)  

 会社・事業経営において、売掛金や貸付金などの債権が発生するのは常ですが、これらの支払が、本来なされるべき時期にない場合、対応を先送りしてしまうと、その金額の規模、 タイミングなどによっては、自社の経営を揺るがす事態にまで発展してしまいかねません。

 時間が経過すればするほど、相手方の経営状況は刻一刻と悪化していき、その資産も迅速に行動した他の債権者に押さえられてしまいますので、回収はよりいっそう困難になっていきます。

 したがって、債権回収にあたっては、「迅速に行動」すること。これがひとつの重要なポイントになります。

 しかし、ただ迅速に行動すればよいというわけではありません。
 例えば、全く見当違いの差押で空振りに終わってしまう、交渉で解決できるケースなのに、相手方の特性を読み違えて、強硬な法的手段を選択した結果、費用がかかった割にわずかな 回収しか得られなかったなど、その選択を誤ると、結局、時間や費用に見合った債権の回収ができないのです。

 いかなる行動をするか、すなわち、最大限に債権を確保・回収するために「最も効果的な手段を選択」した上で、行動しなければなりません。
 これが債権回収における、もうひとつの重要なポイントです。

 当事務所では、豊富な経験と実績に基づき、相手方の特性や資産の状況など、様々な情報を分析した上で、最も効果的な手段を選択し、迅速に行動することを実践しています。

 私たちが、未収によるダメージを最小限化し、貴社の安定経営をサポートします。