取扱業務

その他
悪質商法などの消費者被害 外国人の方のご相談
悪質商法などの消費者被害
 
  悪質・悪徳業者の詐欺にひっかかってしまい大金を騙し取られた、強引な勧誘を受けて欲しくもない商品を購入させられてしまった等、悪質業者はありとあらゆる方法で私たち消費者の財布を狙っています。
  悪質・悪徳業者は、法のスキマ・抜け穴を巧妙に利用してくるため、その被害救済には困難が伴いますが、諦めて泣き寝入りすることはありません。
  私たちは、悪質・悪徳業者に立ち向かい、消費者被害を救済することも弁護士の使命の一つであると考え、日々努力をしています。
  諦めてしまう前に、一度当事務所へご相談下さい。
 
 

ご相談内容の一例

      
  • 訪問販売やキャッチセールスで悪質業者にひっかかり、強引な勧誘を受け、高額の代金の契約をしてしまった。
  •   
  • インターネット取引で、悪質業者にひっかかり、法外なクレジットカード代金の請求が来た。
  •   
  • 出会い系サイトで詐欺的なメールに騙されて、高額のメールポイントを費消してしまい、高額のクレジット代金の請求が来た。
  •   
  • 知らない業者から身に覚えのない請求が来て、支払わないと裁判に訴えると脅かされている(架空請求)。
  •   
  • 高齢で一人暮らしの親が、悪質業者から高額の呉服・宝飾品を次々と購入させられ、老後の蓄えを失ってしまった。
  •   
  • 電話で投資用のマンションを買わないかとしつこく勧誘され、契約をしてしまった。
  •   
  • 絶対に儲かるからといわれて、投資や金融商品などを購入したが、いっこうに利益が上がらないため解約をしたいが、業者が返金に応じない。
  •   
  • 参加すれば誰でも稼げるなどと勧誘され、ネットワークビジネス・マルチ商法を始めたが、話が違うのでやめたい。
  •   
  • 内職(在宅ワーク)に資料請求したところ、言葉巧みに契約させられ、高額の商材・教材を購入させられたあげく、仕事を全くもらえない、完成品の購入を断られるなどして、借金だけが残ってしまった(内職商法)。
  •   
  • エステサロンで、高額の契約をさせられたり、健康食品を次々と購入させられてしまった。
  •   
  • 美容整形で法外な料金を請求された。
  •   
  • 英会話教室に通っているが、約束通りにレッスンを受けることができないため、やめようとしたら高額の解約金を請求された。
  •   
  • ネット取引で、お金儲けの情報商材をクレジットで購入したが、何の役にも立たない詐欺的なものだった。
  •   
  • 絶対に迷惑をかけないからといわれて、クレジットの名義を貸してしまったところ、とても払えないような請求が来ている。
  •  

解決事例

  • 年金収入しかない高齢の認知症の女性に対して、約8年間で91契約、総額約3700万円にも及ぶ呉服や宝飾品を次々と販売していた呉服販売業者に対して、不当販売による損害賠償請求訴訟を提起し、約1400万円の支払命令を認める判決を獲得した事例。
  • 「サクラサイト商法」(サイト業社に雇われたサクラが有名人や高額所得者などになりすまして、詐欺的サイトに誘導し、サイトの有料サービスを利用させる商法)の被害に遭い、サイトの有料サービスに300万円もの大金をつぎ込まされていた事案において、サイト業者との示談交渉によって、約250万円の返還を受けた事例。
  • 判断能力が低下している男性が、霊感商法の被害に遭い、魔除けの効果があるとする商品を約200万円で購入させられた事案において、民事訴訟、刑事告訴、口座凍結要請などの準備・警告をするとともに示談交渉に臨み、約170万円の返還を得た事例。